BLOG

2019年目標上位①

2019/01/03

あなたの2019年の目標上位はなんでしょう?

ここでは現在の「建物の改善目標」に絞り

「遮熱」の観点から解決に近づくノウハウを述べて参りたいと思います。

 

冬季、暖かいリビングを出て、脱衣室から浴室への移動行動って案外憂鬱に感じていませんか?

危険とされるのは、入浴時の急激な温度変化で身体に負担→心筋梗塞・脳出血などを誘発するヒートショック

ということは皆さんご存知の通りです。

最新のきちんと断熱された建物でもこのような事象は少なくありません。

 

手前味噌ですが、当方設計の遮熱化された建物(住宅)は家中の温度差2℃以内で完結しています。

もちろん過度な暖房は行っておりません。

これは遮熱材による外気熱反射・内気熱反射作用によるもので、

寒い外気は外へはじき返し、一方で暖かい内気は室内ではじき返す!

つまり室内で暖気が四方八方輻射熱となって温めていきます。

 

なので家中どの部屋も温度差の小さい室内環境が自然と出来上がり

ヒートショックの小さな室内環境をつくり出していくのです。

 

「断熱と遮熱の違い」を詳しく知りたい方は、お気軽にお知らせください。